御菓子司 菊屋 大阪高麗橋ショッピング方法会社案内採用情報お問合せ
おしながき 最中
おしながき 焼菓子
おしながき 棹菓子
おしながき 千菓子
おしながき 引菓子
おしながき 各種お詰合わせ
季節の和菓子

名菊最中・甍最中
菊小匣
栗小紋
菊づつみ
菊あわせ
棹菓子
菊屋羊羹
御城の口餅
露の宿
千菓子
銘菓詰合
煎餅詰合
店舗紹介
茶菓寮

和菓子とお茶の理解を深めるリンク集


  会社案内

菊屋について
天正十三年(1585)、奈良 大和郡山の城下町で、大納言豊臣秀長公の御用菓子司として店祖菊屋治兵衛が和菓子の製造、販売を始めたのが「菊屋」の起こりである。
以来、茶道と共に発達し、日本文化に根づいた和菓子の伝統は、今日まで老舗の味として受け継がれています。昭和になって、大阪高麗橋 菊屋は店祖より二十四代の時に、
太閣ゆかりの地、大阪に店舗を構え、大阪高麗橋
菊屋として大和郡山菊屋(現二十五代)より独立別家し、現在、三代目の店主が暖簾を守っています。
菊屋では、「伝統的日本文化と新しい食文化の提唱」を社会的存在意義ととらえ、茶席菓子の創作はもとより、
時代とともに移りゆく人々の趣味趣向に即応した和菓子造りに努めて参りました。
菊屋の和菓子造りへの姿勢は、店祖から脈々と受け継がれ、今も変わらぬ製品への情熱が、お客様第一の店づくり・製品づくりとなって守られています。

菊屋に見られる菓子銘
賜御嘉納 ねじり菊紋
菊屋では、「菊花」を店舗の象徴として崇めて参りました。
藤原氏宗家たる、豊臣家の御用菓子司を努めさせていただいたことから、屋号並びに菊花をその象徴とせよとの有り難き仰せを賜ったと伝え聞くところであります。そして、時代が変わった現在もその伝統が守られています。
近年では、昭和天皇・高松宮宣仁親王殿下より、御嘉納の「菊紋」(十六弁八重表)を下賜される等、広く各界の皆々様よりご愛顧を賜っております。
菊屋の商品には、屋号の「菊」にちなんだ品が多く、代表銘菓 名菊最中・菊あわせ・菊小匣・菊づつみなどの品が菓銘に見られます。また、羊羹・棹菓子・焼菓子・干菓子・引菓子などのご贈答用・ご家庭用の品々を種々取り揃え、 皆様の末永いご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げる次第でございます。
大阪高麗橋 菊屋永寿 店主


会社概要
会社名 株式会社 本菊屋
創 業 天正年間(1580年頃)
運営責任者 土田 喜和
関連会社 菊屋 株式会社
事業内容 和菓子製造販売
販売品目 高級和菓子全般、各種上生菓子、菊屋羊羹、名菊・甍最中、菊小匣、焼菓子/栗小紋・菊づつみ、棹菓子/白虎・紫雲・青龍、御城の口餅、干菓子、引菓子 等
従業員数 40名




御菓子司 菊屋 大阪高麗橋